インフルエンザの治療は薬を使いましょう
▲タミフルやリレンザと言った抗インフルエンザ薬は通販がお買い得です!

ウイルス性の病気の場合には、感染と発症からなっており、発症しない限り症状に現れることがありません。
またウイルスに感染したとしても発症するとは限らないため発症しない場合もあります。
そのためウイルスが体内に留まる期間を潜伏期間といい、通常は潜伏期間内に発症することになります。

ウイルス性の病気の代表格としてはインフルエンザウイルスがあります。
インフルエンザは、発熱、頭痛、全身の倦怠感や筋肉痛などの症状が見られます。
風邪と異なり症状が重く場合によっては死に至ります。
また6歳以下の幼児が掛かるとインフルエンザ脳症を起こす可能性があり、発熱のほか痙攣や意識障害、異常行動などの症状が見られ死ぬ場合もあります。
また治癒しても後遺症が残る場合があります。

インフルエンザといっても種類がありA型、B型は感染力が強く例年多くの人が感染しています。
これらインフルエンザ 潜伏期間は一般には1日から3日と短く、多くは24時間後に発症します。
一方で感染したインフルエンザは、発症の1日前から他の人への感染を行うことになり、発症後の他の人へは感染は24時間から48時間がもっとも高くなります。

インフルエンザは第一に予防が大切で、マスクの着用や手洗いうがい、室内での加温と換気などによって感染を極力、防ぐことができます。
またワクチン接種することでウイルスに感染しても発症を抑えることができます。

一方で治療方法としては、抗インフルエンザウイルス薬を使用してウイルスの増殖を抑える治療を行います。
この抗インフルエンザウイルス薬の代表とも言えるのがタミフルです。

通常、発症後のタミフル 服用期間5日となっており、1日2回を服用します。
症状が治まってもウイルスは体内に残っているため、他人への感染を防ぐために5日間はタミフルを服用し続ける必要があります。