インフルエンザの流行も恒例化しているように思えてきますが、しっかりと予防接種も受けて手洗いやうがいなども励行していく事は習慣にしたいものです。また、インフルエンザウイルスは湿度が低い環境を好みますので、冬の乾燥した空気の中で元気に活動をしています。空気清浄機なども使って様々な対策をしていきましょう。

対策をしても、やはり感染してしまう時は感染しますので、インフルエンザだと診断されたらタミフルなどの処方をしてもらう事になります。処方されたら素早く飲んで、五日間継続するように決められています。早く飲めばその分だけ解熱も早いのですが、まだ体内にはウイルスがいますので、うつる期間なのだと考えて外出などは控えましょう。このときに空気清浄機などもあれば部屋の環境も過ごしやすく出来ますので、空気清浄機の効果も実感できます。加湿機能もあれば湿度も上げていくことでさらにインフルエンザにとっては活動のしにくい環境にしていく事が出来ます。うつる期間の間は部屋で安静にしていてもくしゃみやせきが出ますから、タミフル以外にも他の対策を並行して行うと治癒も早くなります。

また、換気をして空気の入れ換えを定期的に行うのもいいでしょう。ウイルスを外へ排出し、部屋の中には綺麗で新鮮な空気を取り込むようにすると、うつる期間であってもかなり楽になります。看病をしてくれる人にもうつす機会が少なくなりますので、とてもおすすめです。タミフルもしっかりと処方された分も飲むことで、体の中からウイルスを追い出していく事ができます。自分は感染しても人にうつさないように配慮して、しっかりと自宅で静養をして元気になってから出勤や登校をしましょう。