インフルエンザウイルスに感染してしまった場合に使用することで症状の緩和を短縮化することが可能なタミフルは、現在のインフルエンザに対する治療法として主流になっています。
しかし、高い効果の反面副作用による異常行動が多いという実情があります。
そして、タミフルを使用する上では副作用と合わせて理解しておくべきことが存在します。
それは、タミフルはウイルスの活動や増殖を食い止めるものではなく、増殖したウイルスが細胞の外に飛び出ることがないように閉じ込めておくものであるということです。
また、タミフルは副作用により異常行動が起こりやすいという事に加えてもう一つ脳の神経活動を抑えるという作用があります。
この作用は、動物を用いた実験でも明確になっている上に人間に対しても同様の症状が現れることが判明しています。
脳の内部には、生命を維持するための中枢神経が存在し全身の意志や行動などを統合しています。
タミフルが体内に入ると中枢神経にタミフルの成分が入り、脳の中枢が阻害されてしまいます。
こうした一連の流れにより当人のマインドコントロールが阻害されてしまい、異常行動と言われる動きを行うのです。
タミフルを接種することで回復が早まっているものの、やはり予防対策が最も重要です。
ウイルスは、湿度が低いことで最も活発になるため加湿機能が搭載された空気清浄機を利用することが最も有効的です。
加湿機能付きの空気清浄機であれば、喉の乾燥も予防できるため通常の風邪予防にもなります。
そして、七面鳥が感染するなど深刻な鳥インフルエンザについてもタミフルなどの抗インフルエンザ薬が効果的であるとされており、インフルエンザと同様に空気清浄機を用いた対策が効果的と発表されています。
アメリカでは日本よりも七面鳥が食生活に密着しており、七面鳥という身近な鳥に感染したことで一気に危機感が増したものの慌てず対策を講じることが重要です。